傷や故障は、基本的には直さずに査定に出すようにしましょう。 いざ、自分が所有していた車を売るとなると、ちょっとした傷なども査定額に響くのではないかと思い、気になってしまうかもしれません。 しかしながら、車についた傷や故障は、買取業者が自社で整備したり、修理したりするので、査定前に直しておく必要はないのです。 もちろん、傷や故障があれば、その分だけ査定額は低くなってしまいます。 ですから、ちょっとした小石が跳ねて当たった程度の傷であれば、それほど費用を掛けずに直すことができるので、査定前にできる範囲内で手入れをするというのは良いでしょう。 しかし、自分で直すことは困難で、業者に頼んで修理代を払わなければならないという場合には、直さずに査定に出した方が総合的に考えるといいです。 傷や故障によってマイナスされる金額よりも、修理費用の方が高くつくことがほとんどですから、修理に出すとかえって損をしてしまいます。 あまり心配せずに、減点ポイントがあることを理解した上で、査定をしてもらうようにしてください。